FF14

高圧電流ラーニング

1.怒髪天(入室直後の開始前状態)→ガードオファ→グラワー連打。エラプション(フェザーレイン)は即使う。
2.15~20秒くらいで高圧電流が来るため、素で受ける。
3.サモンで雑魚がわいたら迅速→まつぼっくり爆弾で寝かせ
4.ホワイトウィンドを1回使用、ガードオファを付けずにグラワー連打。
5.2回目の高圧電流をマグロで止めてから、雑魚にガードオファを付けてグラワーで集中攻撃。マウンテンバスター(ショックストライク)と氷雪乱舞はここで使う。蛮神アビは以降リキャ毎に使用。
6.そのままグラワーで殴る。雑魚が倒れたらボスにガードオファを付けてグラワーで殴り続ける。
7.59%を切るとサモンで雑魚を2匹召喚。ボスにガードオファを維持したままグラワーで3体同時に殴り続ける
8.雑魚は死ぬ時に周囲へ被ダメージアップデバフを付けてくるが、避けることより敵に当てることを意識する。
9.以降はボスについたデバフにより与ダメが2倍になる。高圧電流を止めつつ範囲を避けて、殴り倒して終わり。

安定したときとグダったときの2サンプルでタイムを記録したら、どちらも3分27秒でした。どうして…?やっぱり後半の削りがメインだから…?
ちなみに途中でホワイトウィンドを挟んでいるのは、事故防止+HP多いときに使う方が回復量が多いため。ギリギリまで減ってからホワイトウィンド使うと3~4回使わなきゃならんのよ…。

ところで頭以外を青AFにしてみました。正直言ってメチャシコです。ペロペロ…。


2019/2/22追記

文中全く触れていませんでしたが、翌日(2/21)にラーニング出来ました。

1 thought on “高圧電流ラーニング”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です