Minecraft

VPSマイクラ備忘録(移行)

以前シングルで使ってたワールドを使いたい場合はこの項目をやらなきゃいけませんっす。
バックアップの内容もちょっとだけ。

ワールドフォルダ(saves)を用意する

場所はググって。
マイクラシステムフォルダ中のsavesが例のワールドフォルダ。サーバーに異常があっても、このフォルダが残ってれば再建が出来る。逆にこのバックアップを取っていないと死ぬ。

以降の手順

以降の手順は割とシンプルで、
①ワールドフォルダをサーバーの適当なところに移動させる。
②現在のサーバー内のワールドフォルダを①の階層と同じところに、名前を変えて移動させる。
③①のフォルダの所有者・権限を変える。
④③で変更したフォルダを②が元あったフォルダに移動させる。


ワールドフォルダをFileZillaで直に上書きしようとしたら失敗が続いたので、まどろっこしくも少し別々の作業としてやります。所有権とか色々あるのかな。

①PCからサーバーへワールドファイルを移植する

ソフトはFileZillaを使用してSFTP通信を行います。
こちらのサイトをご参考にお願いします。手順通りに私は出来ました。

PCのワールドフォルダは色々ミスったらヤバいので別の場所にコピーしてください。
前回の手段で構築した場合、worldフォルダは/home/minecraft/minecraft/worldの位置に存在するため、その一つ上にworldを配置することとする。置いた後のパスは/home/minecraft/worldとなる。

②現在のワールドフォルダを移動させる

FileZillaの操作はここまで。以降はコンソールを使用するため、root権限でログインをしましょう。
パスで言えば、/home/minecraft/minecraft/worldを/home/minecraft/old_worldに名前を変更しつつ移動させます。

mv /home/minecraft/minecraft/world /home/minecraft/old_world

③移植したワールドフォルダの権限を変更する

Linuxには所有者とかアクセス権限とかの設定が色々あって、適したものに変更しておかないときちんと読み込めない恐れがある。今回root権限でFileZillaを使用したので、rootからminecraftへ権限を移動したりする。ここはちょっとログを見たりするよ。

cd /home/minecraft

ls -l

chmod 775 world

chown -R minecraft:minecraft world

キャプチャした画面はchmodのところだけ。
まず、worldとold_worldがある階層でls -lを入力してフォルダのアクセス権等の情報を取得。
書いてある内容はこちらを参考にしてもらうとして、worldをold_worldのアクセス権に合わせます。r=4,w=2,x=1、現在のworldの権限は755、old_worldの権限は775なのでそちらに合わせます。
所有者情報はSFTPで送信した都合上rootになってるのでchownでminecraftに修正を。

④ワールドフォルダをシステムフォルダに移動させる

mv /home/minecraft/world /home/minecraft/minecraft/world

②の逆。

おまけ:バックアップを取る

そのままSFTP転送でOK!一応マイクラサーバー機能は停止させておいた方がいいかも。
その状態でworldフォルダをサーバー内なり、自PCに保管でOK。worldフォルダは100MBくらいなので、そのままサーバー内にバックアップを取っても30GBプランならさほど負担にならないかな?毎日取ってもいいかもね。

1 thought on “VPSマイクラ備忘録(移行)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です