料理

マカロニサラダ リターンズ

パッチノート形式は文章書くのにえらく時間がかかってしまうのでさよならです。誰かRiot語メーカーとか作ってください。

タッパに入れていたのだが、小鉢に入れた。これぞ『映え』である。

マカロニサラダの究極系はポテトマカロニサラダで、ボリューム感と具材の大味感を包み隠してごまかせると思っていた。
しかし、そもそもジャガイモの下ごしらえ(皮むき→茹で→潰し)が結構面倒で作る気が起きなくなる欠点があった。ゆで卵、マカロニ、じゃがいもの3段茹では結構めんどくさい…。最悪一緒くたでもいいんだろうけど、とにかくジャガイモが面倒。

じゃあボリューム感をどうにかしつつ、大味感をどうにかして作り直せばどうなんだろうか?という欠点を補うために作ったマカロニサラダがこちら。

必要素材(だいたい土日月の副菜を賄う程度)
・マカロニ(サラダ用) 100gほど
・玉ねぎ 1玉
・きゅうり 1.5本(残り0.5本は食べた)
・ハム 1パック(たぶん4~5枚)入れたらいいと思うのだけれど、買い忘れた。

大まかな作り方は変わらず、マカロニを茹でてちょっとマヨネーズで和える→残りの具材を加えつつ塩こしょうとマヨネーズで味を調整する…ってだけ。
以前と変わったのは玉ねぎ・キュウリの切り方に手を加えたこと。ついにビギナーは形に拘るようになった。

今回は多少のボリューム感(量)を与えつつ、主張しすぎないようにするため細かく刻みました!玉ねぎは薄切りにした後にみじん切りに近い形に、きゅうりは薄切りしてから千切りに近い形にカットに。近い形っていうのは技術が及ばなかったのでそれっぽくって感じで。
切ったら玉ねぎはいつも同じように辛み抜き。きゅうりと玉ねぎは水気を取ること。

ハムは無かったけど、食べた感じは究極形態といった感じ。玉ねぎときゅうりさんがこんなに主張しないだけでマカロニが引き立つようになるんだなといった感じです。ナイスアクト。

ハム買ってまたやる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です