ふつうのにっき

きょうのゆめ

大災害に遭った、らしい。

大災害の後、住んでた地域で3つの団体に分かれた。
武力自慢の人達(?)、商業関係の人達(ショッピングモールを拠点としていた)、知識関係の人達(図書館を拠点としていた)。
私はというと、武力団体の方に所属していた。これは別に私が夢の中で力持ちだったわけでもなく、近くにいた知り合いがそこに入ったからそのまま私も所属したように思う。
大災害後には図書館に通って本を読んでばっかりいたので、正直夢の中の私は所属するところを間違えたんだと思う。

ショッピングモールでうろうろしていたとき、知識団体に所属していた友達(中学生時代の友達だった)に声をかけられた。
曰く、3団体で勝負をして代表団体を決めるらしいとのこと。
しかし私はご飯が食べたかったので、9階にある店で漬け丼を注文しようとした。しかし店のお姉さんが「大災害は天変地異などではなく人が起こしたもの」って話をこっそりしてくる。結局漬け丼は出してくれなかった。

それから図書館に戻って本を読みながら、知識団体の友達と一緒に勝負を見物していた。
勝負といっても殴り合いではなく、ただ単に話し合っているだけのように見えた。店のお姉さんが言ってた大災害についての情報を思い出しながら、ここらへんの代表の人がもしかしたら怪しいのかなあと思った。

そして目が覚めた。
だいたいお昼の12時半くらい。前日にあんず酒を飲んでいたので頭が重かったですが、前々日にマカロニサラダと一緒に作ったカレーを食べて洗濯とかしました。

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です