FF11

鯨狩り(改)

を、もう少し練り直した。
『むずかしい』がだいたい勝率90%程度。セルテウスの匙加減で死ぬことも。

構成(フェイス呼び出し順含む)

暗/侍(サポ戦から変更)
風/赤
(サポ白から変更)
アークEV(ザイドIIから入れ替え)
セルテウス
シャントットII(ミリから入れ替え)
ヨランオラン(クピピから入れ替え)

やったこと

やっぱり盾は必要だぜ!って理由でアークEVを採用。頻繁にタゲを取っているといざというときの暗黒の柔らかさが辛い点と、EVがサブヒーラーとしても有用な点をチョイス。
風水士の採用は変わらないものの、サポ赤にして魔攻+ヘイストを確保。

やっぱりセルテウスが優秀すぎるというか、微妙にダメージが多いために彼のMP回復が無いとヨランオランのヒールが成り立たない。リジュヴァネーションの誘発を盾+暗+風でやるのは基本変わらず。
その他、アタッカーにシャントットIIを採用しておく。いつまでも物理ボーナスモードが来ないときでも安定して削れて素敵。

気をつけること

脳死で出来るようにだいぶ作戦をうすーくしておく。リジュヴァネーション誘発のために敵の通常攻撃(範囲)を受け続けておく。ただしHPがヤバいときは離れること、出来るだけ前方と後方には立たないようにだけ注意。

まとめ

むずかしいで10~15分。ふつう~むずかしいの難易度差があんまり無いかも。
しかし、最近は鯨狩りをすることはなくなったのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です