FF11

とてもやさしいデュラハン

やさしいだとかなり厄介、とてもやさしいだとクソ楽勝。
周回はこれがよかった。1周5分のらくらく作業。

構成(フェイス呼び出し順含む)

暗/侍
風/黒

アークEV
ナシュメラII(アタッカー+範囲ヒーラー)
コルモルorアシェラ(補助)
ヨランオラン

敵(簡易データ)

HPはだいたい2章の鯨の1/3程度。
・やさしい以上だとクソ厄介なアリコーンが出る。今回は出ない。
・前方から攻撃すると盾ブロックでダメージが落ちる。
・チャージングアップを使用した後の特殊技が特定条件で強化される。
①表示が「力を溜めはじめた」だと一定量のダメージを与えないと強化。
②表示が「怨みを溜めはじめた」だとダメージを与えるほど強化。

※詳細 Bozzetto Retributionist/FF11用語辞典

やったこと

全体的にダメージが非常に少ない上にHPが低い。範囲ダメージも頻繁に来るわけではないため、セルテウスのような範囲回復メインのフェイスは今回は不要。

・アタッカー兼ヒーラーとしてナシュメラIIを採用。
(※ナシュメラだと単体回復しかしない。範囲が欲しければ別フェイスで)
・ナシュメラIIならコルモルでOK、ナシュメラならアシェラ。
・何ならナシュメラじゃなくてもプリッシュでもいい。ザイドIIとか普通のアタッカーでもいいが、スタンが邪魔になるときがある。

気をつけること&まとめ

・気をつけるのはチャージングアップ後の挙動だけで、「力を~」は無視してそのまま、「怨みを~」だけネザーカスティゲーションが来るまで後ろを向いたまま待つ。
・フェイスによってはネザーカスティゲーションをスタンで止めたり麻痺で発動阻害をすることがある。その場合はモードが続くため後ろをむいたまま待っておく。間違って殴ったら全員瀕死レベルのダメージになることも。
・相手が瀕死になるとノアヒオントを使用する。スタンで止めるなり速攻でケリを付けるなりで。

だいたい1周5分の早い攻略。しかもほぼほぼ脳死出来る。
やるっきゃないじゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です