ドラポ

ドラポ_平穏世代の韋駄天達竜級以下編成

概要

※戦闘の概要は100億倍詳しく書いてある攻略wikiから。

ボスはギュード君。弱点は森斬・封印・種族「神」。
1戦目はゾブル軍兵士3体、2戦目はオオバミ博士と戦闘。道中なのでHPは高くない。スペダンではおなじみの敵1体残しで回復+バフは無いので、全て倒さないと進まない。

先制は盾破壊攻撃+2回分の鉄壁、以降は毎ターン2回分のダメージ軽減を貼る。
この鉄壁とダメージ軽減はどれも2回しか防御しないため、役でスキルを発動しないカードが通常攻撃するだけで簡単に剥がれてしまう。そのため盾破壊を意識する必要が無い。
竜級以下では複数回攻撃をしないため、デバフがさほど重くない。そのため、素早さを限界まで下げられて攻撃が全然命中しない…ことが無い。そのため状態反射等もあまり重要ではないが、ちょっと長引くと麻痺や怒り等の状態異常が来る。

このカードが必要!ってものがほぼほぼ無い、コラボだからか割と難易度が低い印象。

編成

アタッカー

ルゥーナを所持していたため採用、ヴェガは今回引いて採用。残りはベルモットとスケッギョルドを使用していたが、引けたリンが育ってきたためリンと交代。
攻撃オーブと必中子分を付けたベルモットがとてもとても強くてにっこりする次第です。

1戦目が3体相手なために3回攻撃以上のスキルがいいっちゃいいけど、気にしなくてもOK。

回復&補助

ほぼほぼ回復を意識する必要が無いため、バフ目的でニッポン神話の人たち&バニーライアを採用。状態反射が付いても大抵初手の盾破壊で消されて終わります。
持続減少も来ないため、ピオとかハイビスカスみたいな持続回復を入れても良い。が、そこまででもない。

合体

攻撃極振り、A含めて合体6枚構成。ライラはいつも通り0コス子分なので積極的に出さないように。
複数化を多く採用しているのは1戦目が3体相手なため。ただし正直無くても良い。神級以降はボスの防御回数が増えるために複数化を採用しているようだけど、竜級以下は防御回数が低いために威力アップでも問題無し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です